ドイツ語教材

ドイツ語教材を使った講座

当サイトでは、ドイツ語教材をご提案しています。

授業料が高く、かつ時間を拘束されてしまう語学学校のドイツ語会話教室ではなく、ご自宅で独学でドイツ語を学ぼうと考えておられる方にオススメの教材です。

独学に適した最新のドイツ語教材を人気順でご紹介していますので、ぜひご一読ください。

ドイツ語はドイツだけでなくその周辺国のオーストリア、スイス、ベルギーなどでも母国語として話されており、EU圏では母語言語の筆頭に挙げられます。 このドイツ語を身に付けることにより、ユーロ圏企業への就職も決して夢ではなくなります。 また、日本企業に於いてもユーロ圏市場はとても巨大であるため、ドイツ語を話せる人材が求められています。

上達しないダメなドイツ語学習法

ドイツ語の勉強での悩み

ドイツ語は複雑な動詞活用や定冠詞の変化があり、
英語以上に習得が難しいと言われています。
なので、習得するには基本をしっかりと身に付け、
また、正しい学習方法で勉強をする必要があります。

ですが、ドイツ語学習に限定した話ではないのですが、
語学初心者は学校の英語教育の弊害で、
誤った勉強方法を行ってしまうことが多いです。

どういう事かというと、
日本語⇒ドイツ語、逆にドイツ語⇒日本語に翻訳する
勉強をしてしまうという事です。

また、単語を覚える時に日本語訳とセットで覚えて
しまうという事です。

具体的な例を挙げると、「Bier」という単語を覚えるとします。
ドイツ語の「Bier」は日本語の「ビール」を意味します。

語学初心者は、この「Bier」を覚える時に、日本語の「ビール」
という単語とセットで覚えてしまいます。
すると、「Bier」をその人が思い出す時は
以下の思考を行うことになります。

ドイツ語「Bier」 日本語「ビール」 イメージビール

ところが、生粋のドイツ人が「Bier」を思い出す時の思考は、

ドイツ語「Bier」 イメージビール

となります。

どちらの方が単純で理解しやすいのかは、誰にとっても
明らかですよね。
後者の『ドイツ語⇒イメージ』の方です。

語学初心者は「日本語に翻訳する」という誤った勉強方法を
行うことにより、複雑な思考を脳内で行おうとしています。
これでは、上達するはずがありません。

チェック

ドイツ語上達の要点は、決して「日本語に翻訳をしない」ことです。

ドイツ語は一般的に日本人にとってはとても難解に感じる言語と言われています。 それは動詞の格変化だけでなく、名詞や形容詞まで格変化をするからです。 ですので、ドイツ語を学ぶ際はこれらの日本語には無い独特の文法を理解するために、しっかりとした教材を選ぶ必要があります。 ドイツ語に限った話ではないのですが、語学は一旦身に付ければ生涯使えるスキルとなります。 ドイツ語を習得すれば、就職や転職、そして社内での昇進で有利になるだけでなく人生そのものを有意義なものへと導いてくれることでしょう。