ドイツ旅行の基本情報[金の単位など]

ドイツの国旗 ドイツ語で旅行会話が出来るレベルになったら、お金を貯めて実際にドイツに行ってみると良いでしょう。 ネイティブの人と会話をすれば、貴重な体験になりますからね。 ここでは、ドイツを旅する際に役立つ情報を掲載しています。

通貨単位

ドイツの通貨単位はユーロです。ドイツ語では「オイロー」と発音します。補助通貨単位はセントです。

共通通貨のユーロ圏なので紙幣は最小紙幣5ユーロ?最大紙幣500ユーロの7種類があります。 硬貨は1セントから2ユーロまでの8種類があります。

公衆電話や有料のトイレを利用する際には、よく50セント・20セント・10セント硬貨が使われます。

電源電圧

電圧は230Vで、電源プラグはCタイプのものが多いです(SEタイプもあります)。 日本の電化製品はそのまま使えない場合が多いので、変圧器や変換プラグを準備しましょう。

気候

ドイツは北に位置しているため、冬の寒さが厳しいことで有名です。 また比較的穏やかな気候の春?秋も、朝晩は冷え込むこともあるので、防寒着をしっかり用意しておきましょう。

交通機関

長距離の移動は、ドイツ国内を網羅しているドイツ鉄道が便利です。大きな都市にはバスや地下鉄が走っていてとても便利です。

・Sバーン
市内から郊外へ走る近郊電車です。路線毎に色分けされていて、わかりやすいです。

・Uバーン
地下鉄のことです。Sバーンと同様、路線毎に色分けされています。

・トラム
市営の路面電車のことで、シュトラーセンバーンとも呼ばれています。

・バス
路線も多く、バスでしか行けない観光スポットもあるので、しっかり確認して利用しましょう。

ドイツでは市内交通を利用する際の切符は全て共通です。移動距離と利用する回数によってどの切符を買うのかが決まります。長く滞在する場合には1週間有効の切符や1ヶ月間有効の切符などがありますから、上手に利用しましょう。

ドイツの様なヨーロッパ旅行は、日本からかなりの距離があるので多くの旅費が掛かります。 エアーチケットやホテル代などの旅費のねん出には低金利な借り入れを利用するのがオススメです。 現在の大手キャッシング会社は、いずれも低金利融資を行っているのでずいぶんとお金を借りやすくなりました。 キャッシング会社に借り入れの申し出をすれば、迅速に審査、そして融資を行ってくれるので、早ければ当日にお金を得ることができます。 もしお金を借りたのはよいけど、その後に借金が多額となったら、その借金まみれ脱出を早期に試みる必要があります。 一般的には借金まみれからの脱出は大変な苦労を伴いますから、自分の返済能力以上の借入はくれぐもしない様に気を付ける必要があります。

もし、毎月の生活費以外はすべて借金の支払いに充てているのに、借金の元本が減っていかない、そういう状態ならすでに破産状態です。 少なくとも債権者と話し合いをして、利息支払いの免除を得る必要があります。 借金を負っている個人と債権者だけでも話し合いをすることは可能ですが、できれば債務整理を専門としている弁護士に解決の協力を依頼した方が良いでしょう。 借金がある身だとどうしても債権者より不利な立場となってしまい、債権者と協議をしても自分の希望が通らない可能性が高いです。 弁護士が代理人となってくれれば、法律の専門家なので心強いです。 また、リベートなれしているので、こちらの希望が通りやすくなります。 借金返済ができないとわかったなら、躊躇せずにすぐに債務整理の手続きを行うようにしましょう。